効率・品質を考えて、コーディング代行という選択

突然ですが、あなたのホームページの「目的」は何ですか?
新規顧客の獲得、既存顧客への情報提供、もしくは趣味で日記代わりとして、ホームページを持たれている(または、これから作ろうとしている)方もおられるでしょう。
どちらの場合も、多くのターゲット層に見てもらう、ターゲットから反響を得る、という目的があるはずです。

「コーディング代行」という言葉を聞かれたことがあるでしょう。
名前の通り、ホームページのデザインを、html等のマークアップ言語を使い、実際のWEBページへと変換する作業を、専門として代行する仕事です。
最近では、コーディングの専門的な知識がなくても、直感的な操作でホームページが簡単に作れる、便利なソフトも多数出ています。センスのある方なら、一見プロが作ったホームページのように仕上げることも可能かもしれません。

しかし、ホームページの中で最も重要なのは、デザインよりもコーディングと言っても過言ではありません。
同じページを作るのに、マークアップ言語ベースでは、何通りものパターンが可能だということはご存知ですか。そして、そのどれを用いるかで「ホームページの目的」を達成できるか否かがはっきりと分かれます。

コーディングの良し悪しで、全く同じデザインのホームページでも、検索結果に大幅な差ができ、ターゲット層へのアピール力が変わるのです。
そしてさらに難しいことに、コーディングの良し悪しを決めるルールは、日々変化しています。

ホームページを自分で作る事は、可能かもしれません。
しかし、デザインは自分で考えたとしても、本来のホームページの「目的」を達成するためには、コーディングは「コーディング代行」に頼むという選択が、最も効率的で、本当の意味で高品質なホームページ制作だと言えるでしょう。